ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2013.10.05 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.10.05 Saturday

facebookにも我が家のページがあります

 

おかげさまで楽しく旅を続けています。
15ヶ月目、6カ国目のトルコです。
お伝え忘れてましたが、facebookにもページあります。
www.facebook.com/morimotravel
HPはこちらです。
www.morimotravel.com
2012.07.25 Wednesday

旅のホームページ出来ました!

 

旅のHPが出来ました。
http://www.morimotravel.com/

オリエはもちろん、トキゾーとタラのブログページも設けました。
それぞれの視点で、記事を発信したいと考えています。
 
乞うご期待!

2012.06.13 Wednesday

6/30(土)行ってきます会&バザールでござーる

 


家族世界一周旅に先立ち、6/30(土)朝から晩まで森本家を開放します。
僕ら家族4人
はずっと家に居るので、良かったら好きな時間に来てください。
家に居なくてもたぶんトキタラと隣の公園に居ます

一緒にご飯食べられるなら、朝食8時、昼食12時、夕
食18時の予定。持ち寄りや出前も歓迎。

【企画】
ヽ様の住所リストを作成。海外から手紙書きます。
◆屬海旅颪任海鵑併してきて」旅のミッションを承ります!調べてきて欲しいこと、レポート欲しいことなど何でも。
今の家は7月末に引き払います。本とか服とか家具とか電化製品とかおもちゃとか、譲りますorバザールします。質屋みたいに預かってもらえるのも大歓迎です。

※ ↓△賄日来られない方からも当然受け付けますので、別途ご連絡お待ちしています。

2012.06.06 Wednesday

目に火、面に光

 

 退職の件、昨年の年末に会社に申し出ました。
 それから退職決定までに時間がかかったのはいくつかの理由がありますが、そのひとつは、休職して世界一周に行くことも検討したためです。
 休職を選択しなかったのは、そもそも現時点では今回の旅の期間と内容で使える制度がなかったためですが、会社幹部の方との面談を重ねた際には私のために新たに制度を作ることも話に出ました。結果として実現しませんでしたが、むしろ私がその話を受けて考えたのは、仮にそこまでして休職して行かせてもらった場合、その恩義に応えることは一生をこの会社に捧げることだが、その覚悟があるか、ということでした。家族のために安定した身分を確保することが休職検討の背景で、身に余る評価を受けていることも含めて、心が揺れました。ただやはり考え抜いた末、私の覚悟するところは、硝子を売ることではなく、社会問題を直接的に解決する仕事だという原点に帰り着きました。よって、30歳という区切りも理由にして、一歩踏み出すことにしました。つまり、世界一周のために退職するのではありません。

 1兆円企業を動かして、社会を動かす、という方法も魅力的ですが、諸々の問題は待ったなしで私が仮に偉くなれるとしてもまだまだ時間がかかるのと、ビジネスの世界にも同じような志を持って優秀な人がたくさんいるので、私は外に出ることに決めました。ある程度満ち足りた人の生活をより良くするよりも、死にそうな人や苦しんでいる人が生きられたり苦しまなくなるほうに、私はパッションを感じます。また、週末や余暇の時間を充てるだけで満足できないほど、不条理な社会問題が山積していることにも因ります。「社会問題を直接的に解決する仕事」というのは抽象的ですが、いくつか考えていることがあるので、世界を一通り見つつ、旅の間に決めて動き出すつもりです。
 
 そもそもの原点として、学生のときに難民支援や国連の仕事をしていて、卒業後すぐにその道に進むよりも、国連やNGOが解決しようとしている問題の根本にビジネス(資本主義)が大きく影響しているのだから、実際に自らの身を置いて、ビジネスの世界を知ることが得策だと考えました。7年ちょっと勤めて、どこまでその目的が達せられたかは分かりませんが、営業として日本で一番売るようになり、社内外の要人と仕事で関れたことには、一定の満足があります。一番の収穫は、ビジネスの仕組みを知ったことよりも、会社員が、どのような気持ちで働き、何に喜び、悩み、やりがいを感じているかを身をもって知れたことかもしれません。


2012.05.27 Sunday

8/1世界一周に出発決定!



8/1(水)、家族四人で世界一周に旅発つことを決定しました!
長年温めていた計画をついに実行します。
これに先立ち、7/20(金)に7年ちょっとお世話になった旭硝子蠅鯊犲劼靴泙后

「どうして世界一周?」
「仕事を辞めて?」
「これからの人生設計は?」 
いろいろ詳細お話することありますが、

まずは、旅の企画書を作成しましたので、以下のURLにてご報告します。
https://www.dropbox.com/s/65fc99leb3do9si/%E4%BC%81%E7%94%BB%E6%9B%B8%EF%BC%88%E6%A3%AE%E6%9C%AC%E5%AE%B6%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E5%91%A8%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%97%85%EF%BC%89.pdf

以上
 
2012.05.03 Thursday

昼行灯

 

手帳のメモから

「何も現場に足を運ばなくとも」というインターネット万能信仰
肉体が移動している時に思考力が増す
風景を単に風景として通り過ぎるのではなく、できるだけ体験にしたい
分かったような生き方はつまらない
お前の生命を存分にやれよ
必要なのは勇気じゃなくて覚悟だ
人はたった一人の存在だからこそ、人と出会うことに意味がある
人生には季節がある。ずっと同じだったらつまらないでしょう

2012.04.16 Monday

何が何ですけれども

 

土曜日は京都で、
再生可能エネルギーの1つとして注目されている”小水力発電”の集まりに出た。
西日本を中心に全国のキーマンが集まり、各地の取組みを共有する公開シンポ。

古谷桂信さんが音頭をとっていて、
全国協議会の名簿には僕の名前の横に「兵庫準備会」とあり、
いつの間にかしっかり巻き込まれているところに笑ってしまった。

「原発はいらない」というメッセージを発信する際には、
具体的な代替策とその実現可能性を示す必要を強く感じている。

学生のときには、興味のあることにいろいろ頭を突っ込んで、
話を聞かせてもらったり勉強させてもらったりしていたらよかったけど、
今後は焦点を絞ってアウトプットを重視していくつもりです。



2012.04.11 Wednesday

頭の上にブロッコリー



沖縄タイムズ 4/10記事より

[大飯原発再稼働]不安つきない拙速対応

原発再稼働に向けた手続きがとんとん拍子だ。たとえば、こんな具合である。日付に注意しながら読んでほしい。

 野田佳彦首相と関係3閣僚は6日、定期検査のため停止している関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向け、新たな安全基準を決めた。首相の指示を受け新基準を作成したのは、あの経済産業省原子力安全・保安院。首相の指示から基準決定まで正味2日というフルスピードだ。

 枝野幸男経産相は、新安全基準を決定したその日、関西電力に対し、中長期的な安全対策の実施計画(工程表)を提出するよう指示した。関西電力の八木誠社長は土、日をはさむ週明けの9日午前、電光石火の早業で工程表を提出。これを受けて政府は9日夕、4回目の関係閣僚会議を開き、工程表は安全基準に「おおむね適合している」との判断を示した。

 政府は、周到なスケジュールを練り上げ、それに合わせて再稼働の手続きを進めているのではないか。

 5月5日には、北海道電力泊原発3号機が定期検査のため停止し、国内で稼働する原発がゼロになる。「原発ゼロ」の日を迎える前に、大飯原発の再稼働に道筋をつけ、予想される夏場の電力不足に対処する―政府の息せき切った動きを見ていると、そんな思惑が見え隠れする。

 あまりの拙速は逆に不安をかき立てる。「再稼働ありき」の手続きは危うい。

 東京電力福島第1原発事故の教訓は本当に生かされているのだろうか。

 原発の「安全性」と夏場の「電力不足」を天秤(てんびん)にかけてはならない。

 信頼できる情報に基づいて夏場の電力の需給見通しを明らかにし、電力不足が予想されるのであれば、影響を最小限に抑えるため必要な対策を講じるのは当然である。しかし、その場合でも、優先されるべきは「安全性」だ。

 政府の新たな安全基準は、福島第1原発事故の直後に、電力各社がとった応急措置と多くの点でだぶっている。「安全のための基準」というよりも、残念ながら「再稼働のための基準」という色合いが濃い。

 9日の関係閣僚会議で安全基準に「おおむね適合」と評価された工程表のうち、まだ実施されていない項目も少なくない。そんな状態で本当に再稼働にゴーサインが出せるのだろうか。

 そもそも、国会や政府の事故調査結果がまとまっていないのに新たな安全基準を作成するのは性急すぎる。

 本来なら新たな安全基準は、原子力安全・保安院に代わる新たな規制組織が、事故の最終調査結果を踏まえて、作成すべきものである。

 安全神話の旗振り役でもあった原子力安全・保安院が、新たな安全基準づくりに関わること自体、安全性に対する信頼を失わせるものだと言わざるを得ない。

 安全神話が崩壊したあと、どのようにすれば原子力発電所の安全性を示すことができるのだろうか。 

2012.04.11 Wednesday

モンゴリアンブルー

 


江崎満さんの版画で素敵なステッカーができました。
僕も30セットほど買って、ウチに来てくれた人などに配る予定です。

以下、江崎さんのブログより、許可を得て転送。


(転送はじまり)
-------------

山口で脱原発の運動などやっている古い友人から脱原発ステッカーのデザインを頼まれ作ったが、そいつが4月12日に出来上がるらしい。

なんだかシルクスクリーンなどを使っての印刷らしく時間がかかったが、丁寧に作ってくれたようだ。

で、その注文方法を知らせてきたのでお知らせします。


「アースデイ等で販売してくださる方も募っています。全国発送します。
ハガキ大と写真L版くらいの2枚セットで、500円ですが、購入数により、
送料込みの価格は以下の4通りとなります。
1〜19セット    500円×セット数+送料80円
20セット     450円×20セット +送料80円 
21〜40セット  450円×セット数+送料160円
41セット〜    450円×セット数+送料350円

収益は福島の子どもたちを守る活動にカンパします。

振込先は 郵便振替 01770-5-141837
加入者名 「さよなら原発」ステッカーの会

振替用紙に氏名、住所、電話番号、購入数を明記の上、送金してください。
ご送金を確認後、お送りいたします。
お問い合わせは下記までメールもしくはFAXでお願いします。
メール:sayonaragenpatu@gmail.com
FAX:0978-52-2065 」               


このステッカーを世界中いたるところにペタペタと貼り付け、共に原発のない世の中を作っていこうではありませんか!!!

皆様方、よろしくです。

---------------
(転送終わり)




2012.04.07 Saturday

狼男とフランケン

 

タラのアトピーがなかなか治らない。
季節によっても良くなったり悪くなったりするけど、
そこそこ大きくなれば自然に治るだろうと、僕は正直それほど深刻に考えてなかった。

オリは母親らしく、タラの具合が悪いときには、彼女も辛そうだ。
なるべく自然療法や身の回りの改善で、と、いろいろ試してくれている。

来月、弟シュンゴの結婚式がある。
オリがポツリと「タラが出席するのどうかな」と言った。
先方の親族の目を気にして。
僕は思いもよらなかったので、オリの心の痛め具合にハッとした。

僕もタラを治すためにもっと本気になろう。
現代病だと言われるけど、我が子が苦しむのはもちろん親として避けたい。
痛んだ肌を見て、中途半端に憐れみの目を向けられるのもご免だ。

タラは大らかに朗らかに育っている。
トキは僕に似て、タラはオリに似ている気がする。
ギュッと抱きしめて、体中舐めてあげたいほど愛らしい。


Powered by
30days Album
PR