ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 近況報告201203 | main | 茶飯事 >>
2013.10.05 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.04.01 Sunday

なかなかどうして



(トキゾーが公園の地面に書いた”アンパンマン”)

 日経 3/29朝刊 44面LEXUS広告
映画監督 紀里谷和明

−映像はどこから生まれるのですか。

すべて自分の頭の中からです。
だから、好きなものに対して、どれだけ忠実でいられるか、ということを常に意識しています。
僕はアメリカで写真家としてスタートしたのですが、新人の頃、雑誌で大きな仕事をもらった。
僕も若かったし不安だったのでしょう。編集者に「どんな写真がお好みですか」と聞いたんです。
すると、「自分の好きな写真を撮ればいい」と言われた。
「好きなものばかり撮っていたら食えなくなりますよ」と答えたらこう言われたんです。
「好きなことをやるためなら死んでもいいじゃないか」と。

それからですね。自分は何が好きなのかを模索したのは。
そして気づいたんです。自分は絵画がすごく好きなんだと。
そこからライティングや色彩を徹底的にやりました。流行とかトレンドとかは全く無視です。
そこから自分のスタイルのようなものが確立されて行きました。

−これまで挫折はなかったのですか。

あきらめるから失敗や挫折になるので、あきらめなければ失敗はない。
みんな、人生を100m走だと思っているからハードルが出てきて驚く。
最初から障害物競走だと思っていれば、それを乗り越えていくのは当たり前です。
今、こうして仕事ができているのは、スタッフの力や強力が大きい。
自分の考えたことだけ形にしても100でしかない。
でも、いろんな力が重なると200になるから面白いんです。
ハプニングがあるからいいアイデアが生まれる。
予定調和からは、いい作品は生まれませんから。



2013.10.05 Saturday

スポンサーサイト

コメント
春ですね。

世界への旅がいよいよ始まりますね。
楽しみにしています。

この監督の言葉はいいですね。
きりっと冴えている。
  • ごろすけ
  • 2012.04.01 Sunday 12:27
トキゾーのような絵を作りたいです。
  • ゴロスケ
  • 2012.04.01 Sunday 12:29
宇多田ヒカルのだんな様だった方かな〜?すごい映像作る人だよね?
  • さっふぉ
  • 2012.04.02 Monday 00:16
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR