ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.10.05 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.04.04 Wednesday

差しのべた手にこそ葡萄の房は落ちる

 

紙ひこうきとともに、トキゾーがはまっているのがチェスです。
僕は毎朝、トキゾーと一勝負してから出勤します。
僕が勝つと彼は、「トキ、本気出してないからな」と言い、
わざと負けてあげると、「父ちゃん、先の先まで考えなあかんで」と言われます。


2012.04.02 Monday

茶飯事

 



オリのブログより

「最近のトキゾーは、四角い平面のものを見ると
何でも紙ヒコウキにしてしまうのです。
折り紙、チラシはもちろん、

ハンカチ、タオル、ダンボール、ビニール袋などなど。。

ハンカチとかは、洗ってしまえばいいのだけれど、
折り紙やチラシなんかで折ったヒコーキはそのまま、
そこらへんに飛ばされたままになっていました。
一応、押入れに入れたりしても、部屋のどこかにはかならず落ちていて
なんだか汚いな〜と思っていたのです。

捨てるなんて言えません。せっかく作ったものやし、
トキゾーは何でも取っておくタイプなので。。。

でも、昨日は昼間トキタラがお隣さん家に遊びに行ったときに
「今だー!!」とそこらへんに落ちたり、押入れに散在していた紙ヒコーキ
全部ゴミ箱に入れたった!!

もう、せっかく作ったものやし、なんて言うてられないくらいたまってたヒコーキたち。
ごめんね。そしてトキゾーも、また作ってね。」


2012.04.01 Sunday

なかなかどうして



(トキゾーが公園の地面に書いた”アンパンマン”)

 日経 3/29朝刊 44面LEXUS広告
映画監督 紀里谷和明

−映像はどこから生まれるのですか。

すべて自分の頭の中からです。
だから、好きなものに対して、どれだけ忠実でいられるか、ということを常に意識しています。
僕はアメリカで写真家としてスタートしたのですが、新人の頃、雑誌で大きな仕事をもらった。
僕も若かったし不安だったのでしょう。編集者に「どんな写真がお好みですか」と聞いたんです。
すると、「自分の好きな写真を撮ればいい」と言われた。
「好きなものばかり撮っていたら食えなくなりますよ」と答えたらこう言われたんです。
「好きなことをやるためなら死んでもいいじゃないか」と。

それからですね。自分は何が好きなのかを模索したのは。
そして気づいたんです。自分は絵画がすごく好きなんだと。
そこからライティングや色彩を徹底的にやりました。流行とかトレンドとかは全く無視です。
そこから自分のスタイルのようなものが確立されて行きました。

−これまで挫折はなかったのですか。

あきらめるから失敗や挫折になるので、あきらめなければ失敗はない。
みんな、人生を100m走だと思っているからハードルが出てきて驚く。
最初から障害物競走だと思っていれば、それを乗り越えていくのは当たり前です。
今、こうして仕事ができているのは、スタッフの力や強力が大きい。
自分の考えたことだけ形にしても100でしかない。
でも、いろんな力が重なると200になるから面白いんです。
ハプニングがあるからいいアイデアが生まれる。
予定調和からは、いい作品は生まれませんから。



2012.03.31 Saturday

近況報告201203

ここ数ヶ月、仕事が忙しく、「忙」の文字通り、いささか心を亡くしておりました。
年明けからの出来事、近況を報告します。


・家族旅の件は、話進んでいます。もう少ししたらこのブログ上でも詳細お知らせします。

・1/21 定期購読しているDAYS JAPANの市民株主会議に参加しました。
 身近な人が入学や就職する際には、お祝いに、この雑誌の定期購読をプレゼントしたいと考えています。

・1/28,29 綜學社の合宿講座に参加しました。
 松下政経塾1期生の林英臣先生が主催するものです。
 これから進むべき道を、改めて覚悟決めました。
 「毎朝毎夕改めては死に死に、常時死に身になりているときは、武道に自由を得、一生落ち度なく、家職を仕果たすべきなり」
 という葉隠の言葉が紹介され、なるほどな、と思いました。

・2/18 ウチによく来てくれる米村公祐くん主催のイベントを見に行きました。
 公祐くんが叩くドラムの音で、トップダンサーたちが踊るというもの。
 ダンサーの一人のコメントが印象的でした。
 「日本ではその人がこれまでに何をしてきたかで評価される。
  一方アメリカでは、その人が何ができる人かで評価される。」

・2/19 会社同期の多久和くんが、家族でウチへ来てくれた。
 生まれたばかりの息子、奏宇(そう)くんと初めての対面。
 「お互い良い仕事をしよう」と僕は言った。

・2/26 京都トライアスロンクラブ主催の50kmマラソンに参加、無事完走しました。
 京田辺(京都)→島ヶ原(奈良)の山道コース。上り下りが8割で、距離以上に辛かった。
 大会に出たのは初めてだったけど、マラソンを走る人の気持ちが分かったのが良かった。

・3/3 整体師の庄子くんに誘われて酵素風呂というものを初体験。
 砂風呂の砂の代わりに発酵された米ぬかに体を埋めるというもの。熱も発酵のときに出る自然熱。
 普段から長風呂は苦手なのにもかかわらず、体によさそうだと欲張ったら、のぼせた。これも初体験。

・3/4 フォトジャーナリスト古谷桂信さんの写真教室を手伝いに。
 古谷さんが尽力中の小水力発電がいよいよ日の目を見そうで誠に喜ばしい。
 4/14には京都で小水力発電のシンポジウムも主催されます。僕もスタッフとして関わります。

・3/10 この日から予防接種を受け始めた。これから数ヶ月、家族4人で合計30本近く。費用も嵩みます。。

・3/11 実家で震災特集番組を見る。
 ウチにはテレビがないので、この1年、新聞でしか震災の情報を得てこなかったが、映像を見て声を聞くと、改めて心が震える。
 自然災害は無情なものだ。一方で原発事故と放射能汚染は犯罪だと思う。
 そして、責めを負うべきは大人としてこの時代を生きる僕でもある。原発は全て止めなくてはいけない。再稼動も許してならない。

・3/18 きのくに子どもの村の卒業式に参列させてもらう。
 良いなと思ったのは、大人が出しゃばらずに生徒が式を主体的に進行していたのと、
 卒業生一人一人のコメントが感謝と希望と満足感に満ち満ちていたこと。
 時蔵や多良を入学させるかは別として、素敵な学校だと思った。

・3/20 淀川国際ハーフマラソンに出場。先月の50kmの疲れが残っていたけど、目標の1時間台でゴール。
 オリも一緒に出ました。


・3/24 大相撲大阪場所を見に行った。
 当日発売の自由席が完売で、仕方なく奮発して桝席に座った。
 オリは親方になった武双山ばかりを目で追い、トキタラはジュースを飲んでトイレ行ってばかりだったけど、
 会場に一歩入ると中央に土俵があってワッって感じが、非日常で、ハレの日でした。

・3/28 2年前の倉崎憲くん世界一周協力者への出資金返却。
 今月末が満期でした。改めて、ありがとうございました。
 なお、今彼はNHKのディレクターとして大河ドラマ 平清盛の製作に携わっています。
 また少し前になりますが、彼の写真が使われた「僕たちは世界を変えることができない」は
 向井理主演の映画になりました。活躍しています。



2012.01.09 Monday

海のように寛容に、土のように謙虚に

 

タラは今月19日で3歳になる。
トキゾーが3歳になったときのように、
オリと僕で1冊ずつ、手作りの絵本をプレゼントしたいと思っている。

トキゾーの時は仕事が特に忙しくて、
出張帰りのサンダーバードの車内で色紙やハサミ・ノリを拡げて頑張って作ったことを思い出す。
切符拝見の車掌さんが笑っていた。

絵本しかり、おもちゃもなるべく買わずに手作りが良いと思っていて、
オリが段ボールで作ったノートパソコンは良かった。(後日写真載せます)

僕が甘やかすのでトキタラはワガママで甘えん坊なところはあるけど、
子どもらしい子どもに育っていると思う。

食事も僕らと同じものを食べさすので、彼らも普段は野菜が多くて、
チクワやカマボコで喜んだりする。
(例に漏れず、トキゾーの好物はフライドポテトと餃子!)

先日のクリスマスのプレゼントは、事前に「何が欲しい?」と聞いたら
トキタラのリクエストはオセロだった。
オリが、トイザラスとかじゃなくて、近くの商店街の小さなおもちゃ屋で埃をかぶっていたのを半額に値引いてもらって買ってきた。
WiiやDSが欲しいと言われたら、とドキドキしてたけど、心配無用だった。
そもそもウチにはテレビもないのでWiiはできない。
トキタラがアンパンマンを見るときは、隣のサツキちゃん宅に上がりこんで見る。



2012.01.08 Sunday

ドウゾナミナミツガセテオクレ

 


白井の大ちゃんの彼女は、
ウチの次男坊のことを「育良(イクラ)」と勘違いしてたらしい。

三男坊が生まれたらそうしようか。


2011.12.27 Tuesday

大学案内の原稿




来年の母校の学校案内に卒業生として掲載される話があります。
以下、そのためのアンケートです。
近況報告の意味で紹介します。

■現在、どのような仕事をしているか

旭硝子蠅剖侈魁F社以来、建築用ガラスの営業を担当。
/郡櫂咼襪篥豕ミッドタウンなど大型ビル用ガラスの受注窓口、
∨摸ΑΦ都・滋賀のエリア営業担当を経て、8什澆和膽螢廛譽魯屮魯Ε好瓠璽ーの営業担当をしています。

具体的には、
‘鍛軻端貮覆大量に必要なため、客先との折衝はもちろん、
 社内の製造をはじめ物流や生産管理など多岐に渡る関係者との連携が必要です。
 有名な大型物件が多いので、仕事の内容を異業種の人に説明しやすく、仕事がよく分かる形として残ります。
特約店と呼ばれる地元のガラス卸問屋さんと連携し、担当エリアの営業戦略を練り、実行します。
 担当エリアの収支に責任を持つ必要がありますが、販売方法は何でもありなのが面白いです。
 担当エリアが広いので、週の半分は出張です。
B膽螢廛譽魯屮魯Ε好瓠璽ー向けに住宅用ガラスを販売します。
 売上高(自社に与える影響)が大きいため、その分責任も重いですが、
 社内外要人との接触機会も多く、幅広くビジネスが見えます。


■その仕事を選んだ理由

ビジネスを広く知りたいと考え、専門商社よりも専門商社の集まりのようなメーカーを選びました。
また、海外も含めて広く知りたいと考え、インターナショナルなリーディングカンパニーに絞りました。
その中で、旭硝子蠅鯀んだのは、売っている製品(ガラス)が、あってもなくてもどちらでも良いものではないということと、
なんとなく平和的な匂いがすること、が要因です。

より突っ込んだ理由としては、
戦争や貧困やその他多くの問題の根源にはビジネスが深く関係していると考え、
それらの問題を少しでも解決したいなら、ビジネスというものがどのような仕組みで成り立ち、
そこで働く人がどのような喜びややりがいや悩みを抱えているのか、身をもって知る必要があると思いました。
例えば、国連事務総長のニュースコメントには興味がなくても、
会社員として同じ土俵で活躍する人の話には耳を傾けることもあるのでは、と考えます。


■大学で学んだこと


・Mastery for Serviceの精神。奉仕のために練達する、というのは全く共感できます。
 自らと自らの家族が食べていくことで満足するのではなく、他人のために働き社会をより良くする努力姿勢を養いました。

・興味のあることを見つけ、調べ学習し、アウトプットとして発表したり自らの日々の行動に落とし込む、という習慣を身に着けました。
 それを続けることで、好奇心を持つことの意味が分かり、最初に一歩踏み出すときのフットワークがどんどん軽くなります。

・人脈のありがたさ。気の合う友人や信頼のおける知人を持つことは、自分の分身をたくさん持つことと同じで、
 一人では知りえなかったことや体験できなかったことができる可能性が爆発的に増えることを痛感しました。
 信頼する彼ら彼女らが薦めるものは無条件に良いと信じる、というルールさえ決めて守れば、どんどん世界が広がりました。
 ただ、魅力的な人脈を築くためには、当然ながら自分自身が他人に分かりやすく魅力的である必要があります。


■その中でも特に、今の仕事に活かしていると思うこと


3つともです。
家族含めて他人のために働き、身近から社会をより良くするという姿勢を根本に持ちつつ、
日々新しいことを学び、素敵な人に囲まれて生活・仕事をしています。


■今後の目標


仕事は、より直接的に平和に貢献したり、社会問題を解決できることに力を注ぎたいと考えています。
また、若いうちに、ある程度まとまった時間を使って家族で海外をあちこち旅をすることを考えています。
子どもを幅広い価値観に触れさせること、家族で長い時間を過ごすこと、自身でより世界を見ること、を目的として。


■その他、高校生へのメッセージ


私が学生のうちにやっておいたら良いと思うことは下記4点です。
・観光旅行ではない海外滞在
・お金はバイトせずに社会人から借りる
・インターンシップ的恋愛
・仕事できちんと使えるレベルの外国語習得

何が得られるか分からないので学習するわけですが、
それでも、面白いことや人に出会える確率がより高い環境(大学)を選ぶ努力はとても重要だと思います。
その方法として、自分が信頼する人が薦めるところ、卒業生に尊敬できる人が多いところ、という選び方もあるのではないかと思います。

以上

2011.11.29 Tuesday

30歳になりました

おかげさまで30歳になりました。
40歳になったときに、良い面構えをしていられるよう、この10年も精進します。
家族はもちろん、より多くの人が幸せに暮らせるよう、奉仕できたらと考えています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。










 
2011.11.29 Tuesday

写真家トキゾー

トキゾーがi-phoneで撮った写真
(11/27@はりま自立支援の家: 古谷桂信さんの写真教室の手伝い)


 







2011.10.29 Saturday

ハナニアラシノタトヘモアルゾ



ご無沙汰しております。
まとめて近況報告ほか。

■来年の4月、トキゾーが幼稚園に入園することが決まった。
歩いて3分の公立の幼稚園。
「来年から幼稚園やな、おめでとう」と言うと、
下向き加減でボソッと「やさしくならなな」とトキゾー。

■10月初旬の3連休、ヒッチハイクした。
.肇ゾー+創 と ▲織蕁椶りえ の2組に別れ、名古屋を目指した。
それぞれ1台ずつ乗せてもらえて、大阪まで行ったところで、
2台目がなかなかつかまらず子どもたちも飽きてしまって終了。
「大阪方面」とか「京都方面」とかスケッチブックに書いて掲げ、
子どもたちも親指立てて道端に立った。
タクシーが止まりまくって困った。

■最近、知人に薦められ、写経している。
朝の4時から硯で墨を磨っていると、さすがに変態だな、と思う。

■「facebookとかtwitterで、何食べたとかどこチェックインしたとか書く人いるけど、どーでも良いよな」と僕が言うと
「友達無くすからそんなん言わんときや」と嫁さん。

■禁酒気味。
人と会うときは呑むけど、一人や家では控えてる。
9月は1ヶ月に3回も二日酔いになって流石にアホやなと思ったのと、
やりたいことあっておカネを貯めたいのと、
タラのアトピーを治すため。

■生命保険に入った。
漠然と自分には必要がなく縁も無いものだと思ってたけど。
なんだかおかしなものだな。

■写真は「五つ目小僧〜」とふざけるトキゾー。

■ここんとこ、仕事が忙しくて残業や休日出勤もしてる。
プライオリティは〃鮃家族仕事、というのは変わっていない。

■テレビを見ないので世論が分からないけど、
10/18の「福島第一原発 冷温停止 年内に」という日経記事を読んで、2度苦笑い。
1度は「原発内部からの放射性物質の放出量が事故当時の800万分の1に」という記事にで、
そんなに減ったのか安心、なんて全く思わない。
むしろ、今でもやばいのに、その800万倍も出てたなんて、と思った。
2つ目は「炉心損傷事故が起きる確率を、事故前は1千万年に1回と試算していたものを事故後は約5千年に1回と計算し直した」という記事。
今回の事故は設立して40年目。40/1千万=0.0004%。

■今日は、同じマンションの住人4家族でバーベキューした。
会ったら挨拶する程度の仲だったが、
嫁さん陣は「今度、それぞれ旦那に子ども預けて女子会をやろう」となった。
普通の遊びだとみんなバラバラの家に帰るけど、
今日はみんなマンション一緒だから自転車連ねて帰って、笑えた。



 
Powered by
30days Album
PR